新型コロナウイルスの影響を受けて

2020年06月10日

 

 

新型コロナウイルスの影響

 

■新型コロナウイルスの影響を受けて

 

世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルスですが、3月、4月の不動産市況にも少なからず影響がでました。
賃貸市場では法人の動きが例年よりも少なかったように感じます。例年であれば転勤・異動のタイミングですが、一連の騒動が落ち着く
までは、決定を先送りにした企業様が多く見受けられました。
大学の入学式の中止や、授業開始の遅れに対するお問い合わせにも多数対応しました。具体的には、横浜国立大学では前期はWEB授業の対応となっており、賃料発生日を先延ばししてほしいとのご希望がありました。賃料発生日を先延ばしするかわりに、契約期間を、短くするなどの対応とさせていただきました。こうすることで、繁忙期のより早いタイミングで更新時期を迎えるので、次回の募集が有利になります。

グループ会社が運営する「天然温泉 満天の湯」でも、緊急事態宣言を受け、市内の情勢を鑑み、4月12日(日)より当面の間、臨時休業となっております。

4月26日(日)に予定していた「第2回上星川オーナー会」はやむなく中止とさせていただくこととなりました。

 

元記事:株式会社BLESSオーナー通信5号より

記事作成者:株式会社BLESS 取締役 森山祐樹

 

会社紹介 利用